新聞&雑誌取材頂きました!

HOME > 新聞&雑誌取材

読売新聞 

EPSON002.jpg

2011.8月30日 全国版に掲載いただいたと知り、車いすのおもちゃのことをたくさんの方に知っていただくことができて大変嬉しく思いました。

記事を書いてくださった記者さんとは、もう一つの活動である、バリアフリーコンサートへの熱い想いを書いた一枚のFAXを通して出逢うことができました。 あの時、勇気を出してFAXをしなかったらこの記者さんとは出逢えなかったわけです。
ずっと車いすのおもちゃのことを覚えていてくださったことも感激でした。
出逢いの不思議、そして、今回は工作キットを取材いただいたのですが、想いを伝え、伝わり、記事になって、どこかの誰かのところへとまたその想いが伝わっていく、、温かさを感じました。素敵な機会を与えていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
この車いすのおもちゃをとおして、心に優しいドラマが生まれますように☆

読売新聞(右面)

yomiuri2011.8.jpg

「幼い頃から、違和感なく障害への理解を深められる玩具や教材がもっと開発される
べき」
記事の右面には現在 筑波大准教授になられた水野智美先生のコメントがあり、大変嬉しく思いました。 

試行錯誤を繰り返し、工作キットを開発しましたが、当時、なぜこんなおもちゃが必要なのかを周りの方々に理解していただくことができませんでした。
そんな時、水野先生がこの工作キットを見つけて大阪まで逢いに来て下さいました。
いただいた助言が、当時希望、宝となりました。

工作キットを通しての出逢い、心から感謝をしています。

毎日新聞

1.jpg

2007.8.11 毎日新聞一面掲載すべての人に大切な心があることを学ぶ教材。日本で初めての心を育てる工作キット。(世界でも初めてかもしれません) 「明日、世の中が平和だったら 明日もしかしたら一面に掲載されるかもしれません。どうか平和であることを祈ってください」 記者の方は掲載前夜そうご連絡下さいました。静かに親子で平和と今あることの感謝を捧げました。早朝新聞で私たち親子を見つけました。感謝でいっぱいになりました。平和であった喜びを感じ ひとりでも多くの人にこんな工作キットがあることを知ってほしいと願いました。

毎日新聞 東日本版

2.jpg

この日の毎日新聞 東日本版です。朝刊に大きく取り上げて頂き驚きました。工作キットのことを知られた、遠く北海道や東北、東京の学校の先生やお友達からもメールを頂きました。私たちの小さな活動をとりあげていただき、とても嬉しく思いました。

毎日新聞 西日本版

3.jpg

朝日新聞

asahi.jpg

朝日新聞 この日の一面の隅っこにも小さな車いすのおもちゃの写真が掲載されました。色んなドラマがあって生まれたキットなのでこの新聞記事はとても思い出深いです。

毎日新聞 和歌山版

mainichi.jpg

毎日新聞 和歌山版 和歌山県で親子で人権セミナーをさせて頂いたとき、取材頂いたものです。県の職員さんたちの熱い想いで、親子セミナーが実現しました。本当にお世話になりました。あいにくの大雨でしたが、山の中の会場にみなさん足を運んで下さり感謝でした。たくさんの出会いがあった和歌山です。

大阪日日新聞

osakanitiniti.jpg

大阪日日新聞 初めての取材でドキドキでした。もうひとつの活動、バリアフリーコンサートのご縁です。

読売新聞

k_heart.jpg

読売新聞 読売プルデンシャル福祉文化賞・大賞を受賞した時のものです。
ただ今工事中。

子育て雑誌 ピースマム

mi_y.jpg

子育て情報誌 ピースマム じんけんフェスタしが2009で「かわいい車いすのおもちゃを作ろう!」親子心育ち講座を担当させていただきました。

教育大阪

k_heart.jpg

ただ今工事中。

Co-Co Life Vol.10 / 2010年4月号

untitled.bmp

ただ今工事中。

これまでの活動の記録はこちらをご覧下さい。